つまつのblog

ハンドメイドとメルカリが大好きなゆとり世代による、誰かの役に立ちたい雑記ブログ。

超かんたん‼何かしら売ってみたいハンドメイド初心者さんにオススメのジャンル4選

今回は超超超かんたんにできるハンドメイドをご紹介します!!

ちなみに私はハンドメイド販売を約4年ほど続けていて、これまで900作品以上販売してきました。
今は主に切り絵を販売しているのですが、そこに辿り着くまでに様々なハンドメイドに挑戦してきました。
その中でもとっっっても簡単かつ原価が安くて始めやすいものをご紹介します!


ハンドメイド初めてみたいけど特別得意なものがないし何から始めたらいいか分からないという方に、とりあえず試してみてほしいオススメなジャンルです!

①クラフトパンチ:作成難易度0

f:id:tumatupochiko:20190721154837j:plain

こちらです。
クラフトパンチ本体と、折り紙や画用紙などの素材があればOKです!
ただひたすらパンチしていくだけで、可愛い模様がたくさん作れます(*^^*)

主にアルバムの装飾やくす玉の中身といった用途での需要があります。

模様が繊細なものは少ない枚数でもそれなりに売れますが、基本は100枚以上入れて300円〜500円くらいが相場です。

作るのが超簡単なだけでなく、送料も安く済みますので、とりあえず何か売ってみたいという方にオススメです。

②シュシュ:作成難易度1

f:id:tumatupochiko:20190726123509j:plain
これもとっっても簡単ですね!!
長方形の布を輪っかになるように縫ってゴムを通すだけです。

ミシンが使えたらすぐできますね‼
少し時間はかかりますが手縫いでも簡単に作れます(*^^*)

レースをつけたり、他のチャームと組み合わせるとより高い値段で売れますので、
練習用として良いのはもちろんですが本気でやるのにもオススメなハンドメイドです。

こちらも送料は安いですし、アクセサリー類と比べると輸送中の破損の心配がほぼないので始めやすいジャンルですね(*^^*)

③懸賞用はがき、デコはがき:作成難易度1

デザインが好きな方や手描きでイラストを描くのが得意な方にオススメです!

懸賞に応募するとき、ただ白いはがきに文字だけ書くよりもイラスト描いたり工夫すると当選しやすくなる、ということを聞いたことはありませんか??


本当に当選しやすくなるかどうかは定かではありませんが、
「当選しますように」「よろしくお願いします!」など、メッセージ入りで可愛いイラスト付きのはがきは需要があるようです。


絵が得意ではなくても、マスキングテープを使ったり写真の切り抜きをお洒落に飾ったはがきもあります。
ただし、写真などを使う場合は著作権や肖像権等には十分注意しましょう。
既存のキャラクターや芸能人の写真を勝手に使ってはいけませんよ!

厚みもなく軽いので、これも送料は安く済みます。

④千羽鶴:作成難易度1.5

折り鶴が作れる方は今すぐにでも始められますね。
同じ作業ひたすら続けるのが好きな方にオススメです!
f:id:tumatupochiko:20190721154936j:plain
千羽そろえたものは2000円くらいで売れてます。
作成にそれなりの時間はかかりますが、原価を考えるとなかなか魅力的です。

そして必ず1000羽揃えないと売れないわけではなく、
中には100~300羽くらいでバラ売りされてたりもします。

綺麗にグラデーションしてくっつけたり、バラバラで販売したりと、販売方法はバリエーションがあります。


ただし千羽鶴はかさばるので送料が大きくなりがちです。

とりあえずできそうなものから始めるメリット

「ハンドメイドを何かやってみたいけど何をしたら良いか分からない……」という方は、上記のような簡単なものから始めてみるのがオススメです!

主な理由はこちらです。
挫折しにくい
物を売る楽しさが分かる
自分が得意、好きな作業が分かる

初めから難易度高めで競合が多いのものを選んでしまうと、商品化できるまでにかなり時間がかかる上になかなか売れないといったことが起こり、挫折しやすくなってしまいます。

それよりも簡単なものからチャレンジして、自分が作った物を売る楽しさを知ることが大切です。
物を売る楽しさを知ることは、製作のモチベーション維持には欠かせませんからね(*^^*)


また、自分にどんな作業が向いているのか、好きなのかというのは実際にやってみないと分かりません。

私も初めは裁縫系に憧れてはじめたハンドメイドですが、
実際に色々やってみると紙を扱うほうが楽しくて得意なことに気が付き、今ではほぼ切り絵ばかりやってます。(笑)


ただし、こういった簡単なジャンルは単価が安い傾向にあります。
こういったものを長期に渡って作り続けるというよりは、製作の方向性を決める際の参考や、販売の練習という意識で取り組むのが良いですね!!

慣れてきたら徐々に高度なものに切り替えるのがオススメです!


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!